RSS

ペットの骨壷

ペットの供養
ペットの骨壷

ペットも火葬した後、人間と同じ様に焼骨を骨壷に納めます。大抵、火葬料金に骨壷代が含まれており、手元で供養するため火葬後に返骨を希望すると、白い陶磁器の骨壷で返されることがほとんどです。

一般的に売られているおしゃれで個性的な骨壷もガラス製や陶磁器が目立ちます。

しかしガラスや陶磁器の骨壷は落としたら割れてしまうため、手元で供養するご家庭では取り扱いに注意が必要です。猫を飼っているご家庭で、出かけている間にキッチンに置いてあったガラス製の容器を落とされて粉々に割れていたなんて話を聞くこともあります。

動物の入れない場所に置いておくから大丈夫と思っていても、大きな地震の揺れで落ちたり、手元が滑って落としてしまったりすることも考えられます。割れてしまったら破片とお骨が混ざり合ってしまい、お掃除するのもお骨を拾い上げるのも一苦労です。ですから手元で愛するペットの供養されるのであれば、骨壷は割れない金属製のものが安心です。

骨壷のサイズですが、亡くなったペットの種類や大きさによって異なります。小動物の中でも、ハムスターやリス、インコなどは2寸、フェレットやプレーリードッグなどは2.3(2.5)寸が適切です。

ウサギ、イグアナ、子猫、子犬などには3寸の骨壷で対応できます。

4寸の骨壷は猫やチワワなどの小型犬に、柴犬やシェルティなどの中型犬には5寸の骨壷を用意しましょう。

6寸の骨壷は、ラブラドールやハスキーなどの大型犬に、そして7寸の骨壷はセントバーナードなどの超大型犬に用いられます。

骨壷(骨壺)の知識 仏壇の知識
骨壷の知識 仏壇の知識
骨壷の大きさ(東日本)
仏壇の歴史
骨壷の大きさ(関西)
仏壇の種類
骨壷の歴史
仏壇と仏具のお手入れ
骨壷で手元供養
納骨仏壇とは?
骨壷の通販
仏壇と仏具の通販
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の特長
ペットの葬儀
納骨堂の種類
ペット霊園
納骨堂とお墓の違い
ペットの仏壇
近代的な納骨堂
ペットの骨壷
ペットの手元供養
ペットの粉骨と散骨


ペットの骨壷|手元供養専門店【祈り美デザイン】