RSS

ペットの葬儀

ペットの供養
ペットの葬儀

ペットが亡くなったら葬儀を行いたいと考えているご家庭は、亡くなった時の精神状態ではどのような葬儀を行いたいのかきちんと決められないと思いますので、今のうちから考えておいたほうがよいと思います。

ペットの葬儀は一般的に四種類あります。まず一つ目は「合同葬」です。他家の亡くなったペット達と一緒に葬儀、火葬、納骨まで行います。料金の面からみても他の葬儀よりはるかにお安く済みますが、その代り火葬には立ち会えませんし、骨を拾うこともできませんから、最後のお別れがさみしいものになってしまいます。お骨を持ちかえることもできないので自宅で供養したいご家庭には向かない葬儀方法です。

そして二つ目が「一任個別葬」です。ペット葬儀社やペット霊園に文字通り任せ、自宅まで遺体を迎えに来てもらうところから、個別に火葬して骨上げをしてもらうところまですべて業者側に行うことになります。

火葬には立ち会うことが出来ない業者と、立ち会いを許可している業者があるようです。拾われたお骨は納骨・埋葬することもできますが、返骨してもらって自宅へ届けてもらうことも可能です。業者が全部行ってくれるので、お仕事などが忙しく時間的に余裕のないご家庭向けの葬儀方法になります。

火葬にも立ち会い、お骨を自分たちで拾い上げることが出来るのが、三つ目の「立ち会い個別葬」です。葬儀の中でも一番高い料金設定になっていますが、それでも最後の最後まで愛するペットのそばで手厚くお見送りが出来ると、一番人気を集めています。

お骨上げしたお骨を納骨・埋葬するのはもちろん、自宅に持ち帰ることも可能です。業者任せではなく、自らの手で愛するペットの最後を見届けるため、時間に余裕の必要な葬儀方法になります。

そして最後にご紹介するのが「自宅葬」です。愛するペットとの思い出がいっぱい詰まった自宅でゆっくりと葬儀を行いたいご家庭にはうってつけの葬儀方法です。

火葬のみを取り扱う民間火葬場や、お住まいの地域によっては、ペットの火葬も地方自治体で行っているところもあります。

また、移動火葬車が自宅まで出張してくれる民間業者もありますので、こちらから火葬場や霊園などに遺体を持っていく必要はありません。

以上、主な葬儀方法をご紹介させていただきました。自分たちはどう供養したいのかよく考えればおのずとどの方法がよいのかが見えてくると思います。

例えば、手元供養や散骨をお考えなら、お骨が帰ってくる一任、立ち会い個別葬や自宅葬のうちから選択することになります。

骨壷(骨壺)の知識 仏壇の知識
骨壷の知識 仏壇の知識
骨壷の大きさ(東日本)
仏壇の歴史
骨壷の大きさ(関西)
仏壇の種類
骨壷の歴史
仏壇と仏具のお手入れ
骨壷で手元供養
納骨仏壇とは?
骨壷の通販
仏壇と仏具の通販
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の特長
ペットの葬儀
納骨堂の種類
ペット霊園
納骨堂とお墓の違い
ペットの仏壇
近代的な納骨堂
ペットの骨壷
ペットの手元供養
ペットの粉骨と散骨


ペットの葬儀|手元供養専門店【祈り美デザイン】