RSS

納骨堂と墓地・霊園のお墓の違い

納骨堂の知識
納骨堂と墓地・霊園のお墓の違い

納骨堂と墓地や霊園のお墓との異なる点を簡単に言うなら、納骨堂は遺骨を預け保管してもらう場所であり、墓地や霊園のお墓の場合は遺体や遺骨を埋葬する場所と言っていいでしょう。

昭和初期の納骨堂は、寺院等の敷地に建てられた施設であり、お墓を建てるまでの間、一時的に遺骨を預けておく場所だったようです。

しかしながら、現在の都心では墓地や霊園の土地不足から、立地の良い場所にお墓を取得することが難しくなり、納骨堂をお墓の代わりにする人も少なくありません。

法律では墓地以外への遺骨の埋葬を禁じていますが、納骨堂は土中に埋葬しませんので問題なく納骨堂に納めることができます。遺骨を納骨できる納骨堂は、都道府県知事から許可を得ている施設を選択する必要があります。

墓地や霊園のお墓は、最終的には遺骨を土にかえすという目的もありますが、納骨堂は各施設により遺骨の保管年数は異なりますが、33年、50年等の区切りを設けて、その後は合祀、合蔡墓に移行し最終的には土にかえす納骨堂もあります。

骨壷(骨壺)の知識 仏壇の知識
骨壷の知識 仏壇の知識
骨壷の大きさ(東日本)
仏壇の歴史
骨壷の大きさ(関西)
仏壇の種類
骨壷の歴史
仏壇と仏具のお手入れ
骨壷で手元供養
納骨仏壇とは?
骨壷の通販
仏壇と仏具の通販
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の特長
ペットの葬儀
納骨堂の種類
ペット霊園
納骨堂とお墓の違い
ペットの仏壇
近代的な納骨堂
ペットの骨壷
ペットの手元供養
ペットの粉骨と散骨


納骨堂と墓地・霊園のお墓の違い|手元供養専門店【祈り美デザイン】