RSS

骨壷の大きさ(関西)

骨壺の知識
骨壷の大きさ(関西)

関西地方では火葬場で全てのお骨を遺族が引き取らない部分拾骨が主流だそうです。

足元、脚、腕、腰、背、頭など体の主な部分をまんべんなく拾骨するそうです。最後に喉仏を骨壷に納めて、全骨でなくても骨壷の中で人間全体が成り立つような形で拾骨するそうです。

中には骨壷に納めるお骨を、本骨用(のど仏用)と胴骨用(喉仏以外)とに分かれている場合があるそうです。

主に仏教の場合だそうですが、喉仏は別名「舎利(しゃり)」とも呼ばれて、とてもに大切にされるそうです。本骨を納めた骨壷は寺院に納められ、胴骨を納めた骨壷はお墓に納める地域もあるようです。

火葬場で拾骨される喉仏は、実際は厳密にいうところの喉仏ではなく、喉仏に姿かたちが良く似ている第二頸骨で代用するそうです。本当の喉仏は火葬場で火葬する際に、ほとんどが無くなってしまうそうです。

その第二頸骨も喉仏と同様に、その形が仏様が座禅をしている姿に見えるため、大事に本骨として骨壷に納められるのだということです。

骨壷(骨壺)の知識 仏壇の知識
骨壷の知識 仏壇の知識
骨壷の大きさ(東日本)
仏壇の歴史
骨壷の大きさ(関西)
仏壇の種類
骨壷の歴史
仏壇と仏具のお手入れ
骨壷で手元供養
納骨仏壇とは?
骨壷の通販
仏壇と仏具の通販
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の特長
ペットの葬儀
納骨堂の種類
ペット霊園
納骨堂とお墓の違い
ペットの仏壇
近代的な納骨堂
ペットの骨壷
ペットの手元供養
ペットの粉骨と散骨


仏壇の大きさ(関西)|手元供養専門店【祈り美デザイン】