RSS

骨壷の大きさ(東日本)

骨壺の大きさ
骨壷の大きさ(東日本)

骨壷は地域により大きさに差があるといえば、青森県や北海道の一部では骨壷をお墓に納骨するという習慣が無いそうで、墓地や霊園などのお墓に直接お骨を納めるというような習慣があるそうです。

お墓の納骨スペースの下部が土になっており、納骨すると自然に帰るという意味合いが含まれているようです。火葬場で焼骨した後に陶器製の骨壷に一時的に入れるか、または骨箱という木の箱に遺骨を直接入れてお墓まで持っていくようです。木箱に遺骨を入れるため骨壷というイメージは無いようで、骨壷という言葉自体を知らないという方もいるそうです。

東日本全体では骨壷が処分される割合が高く、全体の約4割ほどとのこと。その約4割が直接お骨をお墓に納めるか自然葬か分骨などで新たな骨壷を用意したかで、火葬場の骨壷は処分されたということのようです。

遺骨を分骨する場合は小さな骨壷を使うことになりますが、分骨した骨壷をお墓に納骨したり、手元供養としたり、永代供養としたり、自然葬として散骨したりと様々な選択肢があるだけでなく、それらの組み合わせのケースもあるようです。

お墓またはお寺に遺骨を納骨しつつも、手元にお骨を置いておきたいという方は小さくてデザイン性のよい骨壷に遺骨を納めるようですし、海洋葬などの自然葬で散骨しても、全てを散骨して手元に何も残らないのも心苦しいと思われる方も少なくないそうです。

骨壷(骨壺)の知識 仏壇の知識
骨壷の知識 仏壇の知識
骨壷の大きさ(東日本)
仏壇の歴史
骨壷の大きさ(関西)
仏壇の種類
骨壷の歴史
仏壇と仏具のお手入れ
骨壷で手元供養
納骨仏壇とは?
骨壷の通販
仏壇と仏具の通販
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の知識 ペットの供養
納骨堂の特長
ペットの葬儀
納骨堂の種類
ペット霊園
納骨堂とお墓の違い
ペットの仏壇
近代的な納骨堂
ペットの骨壷
ペットの手元供養
ペットの粉骨と散骨


骨壷の大きさ(東日本)|手元供養専門店【祈り美デザイン】