RSS

祈り美デザインのコンセプト

現代の社会における核家族化・少子化の進展により、特に都市部においてお墓の維持・取得に関わる問題・不安を抱えている方が多くなってきました。

お墓を持たない、葬儀もしなくて良い、子孫に負担をかけたくないという方々も増え、過去からの習慣や価値観にとらわれず、自分らしい供養のスタイルで供養してほしい・供養してあげたいという方々が増えてきました。

そのような背景もあり、海洋葬や自然葬での散骨という言葉も一般化し、大多数の人が容認する時代になりつつあります。

火葬した焼骨を粉末化し海などへお還しする他国でも行われている宗教不問の葬送方法で、近年理解や認知が広まってきている永眠供養の一つです。

しかし、まだ故人とお別れしたくないと考える方々も多くいらっしゃいます。

最愛の故人をご自宅で供養するために、粉末化したご遺骨をお納めできるデザイン骨壷があれば、ご遺族が納得するお別れまでの間、ゆっくり時間をかけて故人と同じ時間を過ごすことができます。

海洋葬や自然葬で故人を散骨することも一般化しています。

故人を偲び、祈りを捧げ、供養する。


その祈りのスタイルは、住環境や家庭環境の多様化により和室や仏間の無いご家庭も増えています。

そこで、今までとは違う祈りのスタイルを提案したいと考え、ご自宅のリビングなどにも置きやすい、インテリアにもなるおしゃれな「小さなデザイン骨壷/小さなデザイン仏壇」が生まれました。

先に旅立たれたご家族をご自宅で供養することにより、ご家族いっしょに散骨したいという願いも叶えることができます。

故人と一緒に暮らしていた時と同じように、 身近なご自宅で故人と語らい、 祈りを捧げながら一緒に暮らしていくことで、 ご遺族の喪失感や悲しみを少しでも癒してほしいという願いが【祈り美デザイン】のコンセプトです。